医療行為にあたるのか

医療行為にあたるのか 心理カウンセリングは、カウンセラーと呼ばれる専門家が悩みや不安などを抱える相談者と対話を行い、問題解決のための支援を行うというサービスです。カウンセラーと相談者の関係は医師と患者の関係に似ていますが、心理カウンセリング自体は医療行為ではありません。相談者が抱えている悩みの原因は対人関係や仕事上のストレスなどが原因となるケースが多いですが、そうした悩みを抱えていることがイコール精神疾患というわけではありません。したがって、カウンセリングの対象となるのは基本的に健常者です。 ただし、うつ病やパニック障害など、ある種の精神障害の改善に心理カウンセリングが役立つことはよく知られています。そのため、精神科を標榜する病院やクリニックの中には、カウンセラーを配置して医師による治療と並行して、あるいは治療を補完する形でカウンセリングを提供しているところがあります。患者が子供などの場合、カウンセラーが医師と患者の対話の手助けをすることもあります。

人間関係の悩みを解決する

人間関係の悩みを解決する 職場などで同僚や上司、部下との人間関係で悩んでいる人はたくさんいます。思っていることを伝えられずみんなの輪に入れない、みんなから嫌われているようで不安、上司や部下とどう接すればいいかわからないなど悩んでいる内容はさまざまですが、心理カウンセリングはこれらの悩みをカウンセリングで解消します。まずは悩んでいる相手の言葉を聞き悩んでいることを整理し、なぜみんなの輪に入らないか、なぜ関係が悪いと感じるかなどを分析することで、相手に対してどう接するか、どう言葉を伝えるかをアドバイスします。職場以外でも学校や友達との関係も同じで、話を聞いて状況を整理することが大切です。心理カウンセリングとは相手と話をして積極的にアドバイスするのではなく、相手が話をすることで自ら解決の気づきにたどり着かせることが目的で、解決の方法は悩んでいる人が実はわかっている場合もあり、その行動の背中を押すことで、人間関係を好転させるきっかけを作ります。