企業で受ける産業カウンセラー

企業で受ける産業カウンセラー 大手企業の場合には、会社に専属の産業カウンセラーが在籍していて、企業に在籍している従業員の心理カウンセリングを行っています。
産業カウンセラーは所属している会社の従業員が安心して働くことが出来るように、仕事上の不安や職場の人間関係に悩みを抱えている従業員の心理カウンセリングを担当しています。
産業カウンセラーと話した内容は、会社側には一切言わないのが鉄則です。
カウンセリングは従業員のプライベートにまで踏み入るために、多くの個人情報を必然的に知ることになるでしょう。
そのために、産業カウンセラーに相談した内容は、会社には言わない決まりがありますが、稀に会社側に報告するカウンセラーがいるので、カウンセリングを受ける前には、カウンセラーがどんなカウンセラーかしっかりと見極める必要が大切です。
しかし、カウンセラーは相談には乗りますが解決するのは従業員本人ですが、カウンセラーが解決するための助言を与えています。

スクールカウンセラーは教育機関で心理カウンセリングに携わる専門職

スクールカウンセラーは教育機関で心理カウンセリングに携わる専門職 心理カウンセリングは人々が心の中に抱えている悩みや不安を解決するためのサポートを行うサービスで、公営の精神衛生相談室や一般企業における社員向けの医務室、民間のカウンセリングサロンなどさまざまな場所で提供されています。
精神科や心療内科などの診療科目を持つ医療機関の中にも、治療を補完するような形でカウンセリングを導入しているところがあります。

また、教育機関においても心理カウンセリングがしばしば導入されています。
学校は学力だけでなく社会に出てから必要となる対人マナーなどを身につける場所ですが、そこでの経験が時にはいじめや不登校、自殺願望などの心の問題を引き起こしてしまうこともあります。
そのため、多くの学校では保健室にスクールカウンセラーと呼ばれる専門職を配置し、学生・生徒の悩みに向き合い、必要なサポートを行っています。
スクールカウンセラーは個別の相談に対応するばかりでなく、学校が行うメンタルヘルス対策のアドバイザー的な役割を果たすこともあります。