カウンセリングで性格改善はできる?

カウンセリングで性格改善はできる? 人の性格は生まれ持ったものなので、心理カウンセリングを受けたからといって変わるわけではありません。人の本質を変えることはできないのです。しかし、心理カウンセリングによってその人が抱えている問題の原因を突き止めることで、性格が改善したように感じることはあります。例えば恥ずかしがり屋で人前で話すのが苦手だったり、自分に自信がなくて人から話しかけられても素っ気ない態度をとってしまうという人がいます。心理カウンセリングを受けたことで、自分のことを受け入れられるようになり自信を持って人と接することが出来るようになったという場合もあります。自分に自信が持てた結果、自ら積極的に話しかけられるようになったりします。その人自身は全く変わっていませんが、周囲から見ると変わったように感じるかもしれません。また、イライラしやすかったけれど、心理カウンセリングを受けたことで心に余裕が生まれ穏やかに接することができるようになるということもあります。

心理カウンセリングは知識が求められる

心理カウンセリングは知識が求められる 「心理学の過去は長いが歴史は短い」という言葉がある通り、心理学自体はそこまで歴史のある学問ではありませんが、現代において心理カウンセリングは無視できないですし、心理カウンセリングは社会を支える重要な仕事であるともいえますし、多くの人が関心を持つ分野です。 心理カウンセラーは医療・福祉業界だけでなく教育、産業、司法業界など多岐にわたって活躍しています。心理面において不安を抱えている人の話を傾聴するのに加え、行動療法や精神分析療法などを用いて心身のトラブルを取り除いていきます。臨床心理士、公認心理士などの資格名を耳にしたこともあるかもしれませんが、必要なのは資格だけはありません。 例えばスクールカウンセラーは子どもの発達や、現代の子どもたちを取り巻く環境、また児童や生徒だけでなく教員のカウンセリングをすることもあります。教育現場が抱えている事情にも詳しい必要があります。 このようにどのような場所でどのような人を相手に仕事をしたいのかによって、心理学以外の見識も求められます。